「機能をシェアする」仕事場から「人が集い、成果をあげる」仕事場へ

働き方が多様化する中、仕事場のあり方も変わってきました。
単に机と椅子が並ぶオフィスから脱却し、働く人が成果をあげるオフィスづくりを行う企業も増えはじめています。
同様に、クリエイターや起業家など個人が多く利用するシェアオフィスでも成果を実感できることが
これからは求められると私たちは考えています。
空間・機材のシェアだけを主目的にするのではなく、利用する人々の創造性や生産性が高まる仕事場をつくりたい。
これまでシェアオフィスを運営してきた私たちThink Green Produceは、
人々が快適に働くことを追求するハーマンミラー社、集いたくなる空間・場所を提案するランドスケーププロダクツ社
とともに、人が集い働くことで、更なる成果に繋がっていく仕事場「WORK CLUB」をつくっていきます。

WORK CLUB 3つのポイント

「Living Office」に基づくレイアウト設計

01

ハーマンミラーが提案する、人々のつながりや創造性・生産性などを生むワークプレイス「Living Office」。
人々の働き方を分析し、結果に基づいて最適なオフィスレイアウトを提案するこの仕組みは、外資系企業などで導入されはじめています。
「Living Office」を活用することで、人々が自然な対話・交流を生み出すスペースやリラックスできアイデアが涌き出すスペースなど、
さまざまな働き方を取り入れることができ、成果をあげる仕事場が実現します。

>Living Officeとは?

人間工学に基づいた家具・プロダクト

02

「Living Office」により提案される各スペースは、ハーマンミラーの提供する
家具・プロダクトを中心に組み合わせ、構成します。
人の体や働き方に基づいてつくられる家具はデザインが優れているだけでなく、
疲れにくい、集中力を高めるなどの効果をサポートします。

空間デザイン

03

ライフスタイルを提案する店舗や飲食店、オフィス・住宅などを多数手がける
ランドスケーププロダクツが空間デザインをおこない、
人々が快適に働くことができ、自然に交流をはじめるようなワークプレイスを実現します。

WORK CLUBスペースの考え方

WORK CLUBは「Living Office」に基づきスペース作りを行います。
利用希望者にアンケートやヒアリングを行い、「働き方のモード」の傾向について調査します。調査結果はハーマンミラーの
コンサルタントとともに分析、集まる人々にとって最適な「セッティング」を提案します。

Herman Millerによるコンサルティング

  1. 「働き方のモード」調査

  2. 最適な「セッティング」

働き方のモードとは

ハーマンミラーは人々の仕事について2年に及ぶ大規模な調査を行いました。
この調査を通じて、個人やグループ、職種・地域問わず共通する10種類の仕事の仕方=働き方のモードを以下のように分類しています。

  • Chat

    チャット

  • Converse

    打ち合わせ

  • Co-Create

    Co-クリエイト

  • Divide & Conquer

    チーム分担作業

  • Huddle

    ハドル

  • Show & Tell

    プレゼンテーション

  • Warm Up, Cool Down

    ウォームアップ、クールダウン

  • Process & Respond

    ルーティンワーク

  • Contemplate

    思索

  • Create

    クリエイト

セッティングとは

10の働き方のモードそれぞれの活動において、生産性や創造性をより高めるためにハーマンミラーが提案する空間のレシピのようなもの。モードにあわせて、環境、ツール、ファニチャー等の組み合わせを提供します。

  • Haven

    ヘイブン

  • Hive

    ハイブ

  • Jump Space

    ジャンプスペース

  • Clubhouse

    クラブハウス

  • Cove

    コーブ

  • Meeting Space

    ミーティングスペース

  • Landing

    ランディング

  • Workshop

    ワークショップ

  • Forum

    フォーラム

  • Plaza

    プラザ

WORKCLUBスペースイメージ

WORK CLUBのスペースの考え方に基づき、現在イメージしている働き方のモードとセッティングは以下の通りです。

個人スペース

実現できる働き方のモード

  • Process & Respond

    ルーティンワーク

  • Contemplate

    思索

  • Create

    クリエイト

WORK CLUBセッティング(スペース・家具イメージ)

  • Haven ヘイブン

  • Hive ハイブ

  • Jump Space ジャンプスペース

グループスペース

実現できる働き方のモード

  • Chat

    チャット

  • Converse

    打ち合わせ

  • Co-Create

    Co-クリエイト

  • Warm Up, Cool Down

    ウォームアップ、クールダウン

WORK CLUBセッティング(スペース・家具イメージ)

  • Cove コーブ

  • Landing ランディング

  • Meeting Space ミーティングスペース

  • Workshop ワークショップ

グループ&ゲストスペース

実現できる働き方のモード

  • Chat

    チャット

  • Converse

    打ち合わせ

  • Show & Tell

    プレゼンテーション

WORK CLUBセッティング(スペース・家具イメージ)

  • Forum フォーラム

  • Plaza プラザ

アンケート

アンケートにお答えの上、ご希望頂いた方にはWORK CLUBの最新情報(イベントのご案内やシェアオフィス利用料の割引特典等)を
配信させて頂きます。また、WORK CLUBオープン時に利用契約が成立した場合には、回答者限定プレゼントを差し上げます。

アンケート回答特典

*プレゼント内容は変更させて頂く場合があります。

  • トートバック : 先着20名限定

    ハーマンミラーのロゴがデザインされた16オンスリサイクルコットンキャンバスのトートバッグ。BAGGU社製。

  • ハーマンミラークラブ : 希望者は全員

    ハーマンミラー製品オーナー限定の「ハーマンミラークラブ」に参加できます。クラブ会員の皆様には、新製品情報、キャンペーン・イベント情報等、他では得られない最新情報をお届けします。

プロデュースチーム紹介

Think Green Produce

2008年、Think Green Produceは「永く価値が続くモノ作りをしていきたい」という想いのもと、関口 正人を中心として設立しました。これまで建築や不動産といったハードから、人々のライフスタイルを捉えた飲食・イベント・アパレルなどのソフトコンテンツまで、レストラン・ホテル・シェアオフィス等業態を越えトータルプロデュースを手掛けてきました。近年ではコンセプトワークやブランディング、各種店舗運営等活動範囲が広がり、同時に海外コンテンツの誘致や日本のモノづくりを海外に発信する活動にも注力しています。人々が働く場所つくりにおいては2011年にはコワーキングスペース「THE TERMINAL」(原宿)を、2012年にはシェアオフィス「THE SCAPE(R)」(渋谷)キッチンスタジオ&シェアオフィス「COOK&Co」(原宿)をプロデュース・運営する他、企業のオフィス移転プロデュース等を行っており、この知見を活かし「WORK CLUB」が「本質的な価値のある場所」となるよう、プロジェクトに取組んでいます。
www.tgp.co.jp

ハーマンミラー

1923年、米国ミシガン州ジーランドに設立。クラシックなスタイルの家具が一般的であった時代に、機能性と美しさ、いつまでも変わらぬ高いデザイン性をもつ家具を次々と発表し、ハーマンミラーの名前はモダンデザインのアイコンとなりました。「デザインとは問題を解決するためにある」という考えのもと、ジョージ・ネルソンやチャールズ&レイ・イームズ、イサム・ノグチ、アレキサンダー・ジラードなど優れたデザイナーたちとパートナーシップを築き、今日も人々に愛用され続けている数々の名作を世に送り出しています。近年は、ビル・スタンフ、アイシェ・バーセル、イヴ・ベアールなどともコラボレーションし、働く環境をより良くするために考えられた人間工学に基づいた椅子やデスク、また、現代のライフスタイルやワークスタイルに合う製品を生み出しています。ハーマンミラーの数々の優れたデザインは、ニューヨーク近代美術館やスミソニアン博物館などの主要美術館・博物館に永久収蔵品として選定されています。革新的なビジネス手法と社会的責任への深い関与によって、世界的企業としての地位を確立しています。
www.hermanmiller.co.jp

ランドスケーププロダクツ

ランドスケーププロダクツは中原慎一郎を中心に1997年に結成しました。 1940〜60年代のモダンデザインをルーツに、友人とともに家具製作を開始したのがはじまりです。2000年には渋谷区神宮前にて、のちの旗艦店となる「Playmountain」 をオープン (現在は渋谷区千駄ヶ谷にて運営)。同年法人化するとともに、その後は家具の製造販売のみならず、住宅・オフィス・店舗の内装デザイン、直営店展開、さらにはエキシビションやイベントのプロデュース/ディレクション、編集/出版、ブランディングと活動範囲を広げていきました。ランドスケーププロダクツには、すべての業務においてテーマがあります。それは 「Man Made Objects」。「人間の持つ力がきっちりと発揮されたモノ」を意味しながら、その対極にある「自然の創造物」と比べても見劣りしないモノづくりを目指すというものです。現在、社内には6つのセクションを擁し、「Man Made Objects」による環境=ランドスケープ作りに励んでいます。
landscape-products.net

ご質問などは、以下のフォームよりお問い合わせください。

*
*
*
*
*
*